大きくする 標準 小さくする

JRAプラス10とは?

複勝売上げが20%増

投稿日時:2008/12/30(火) 21:23

 

「JRAプラス10」が適用された開幕第1週の初日は、複勝馬券が良く売れました。中山競馬では前年に比べて20%増となったのです。

 

中山 

2007

2008 

対前年増加率

R

241,379

275,630

14.2%

R

325,593

278,559

△14.4%

R

276,660

440,470

59.2%

R

234,659

255,214

8.8%

R

328,712

579,514

76.3%

R

260,404

316,919

21.7%

R

308,516

371,717

20.5%

R

373,927

352,974

△5.6%

R

421,182

537,455

27.6%

10R 

720,058

733,780

1.9%

11R

1,468,094

1,995,884

36.0%

12R

525,572

567,736

8.0%

合計 

5,484,756

6,705,852

22.3%

2007年と2008年の中山競馬初日の複勝

 

 

増加率の数字は、レースによって著しく差があることがわかるでしょう。

京都 

2007 

2008

対前年増加率 

R

240,809

789,231

227.7%

R

309,341

261,694

△15.4%

R

198,853

259,021

30.3%

R

199,313

579,370

190.7%

R

299,037

379,110

26.8%

R

294,475

319,034

8.3%

R

356,674

660,427

85.2%

R

365,725

540,700

47.8%

R

466,756

633,023

35.6%

10R

451,507

722,811

60.1%

11R

2,056,221

2,482,677

20.7%

12R

642,855

783,092

21.8%

合計 

5,881,566

8,410,190

43.0%

2007年と2008年の京都競馬初日の複勝

 

 

京都競馬はさらに極端な増減率になっていて、1Rと4Rは大変な伸び率になっていました。朝1番の1Rの複勝は、メインレースの次に複勝が売られているわけですから、大変異常なことが起きていたわけです。

このように複勝がよく売れたレースは、1番人気の複勝馬券が、異常に売られるという現象がおきていたのです。

トラックバック一覧

<< 2018年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ