大きくする 標準 小さくする

JRAプラス10とは?

初日のレース結果(1)

投稿日時:2008/12/31(水) 00:00

 

初日第1レースの複勝1番人気の結果は次のようになりました。

 

R

増加率 

オッズ 

払戻金 

中山 

14.2%

1.2

 0

京都 

227.7%

1.0

100

2008年1月5日第1レースの結果

 

 

中山1Rでは、複勝1番人気の馬は、複勝最低オッズが1.3倍か1.4倍くらいだったのですが、直前に1.2倍になりました。後で説明しますが、「JRAプラス10」は複勝1番人気が有利という誤解が多かったようで、この日は直前になると1番人気のオッズが急に下がっていました。

「プラス10」ではなくて、「マイナス10」ではないかと筆者は思ったくらいです。中山では、第2レースの複勝売り上げが前年に比べてマイナスでしたが、第1レースで1番人気が負けた影響でしょう。

京都のほうは、前に紹介したように、まさかの「100円元返し」でした。こちらも4着以降になっていたら、この日の売り上げに大きな影響があったでしょう。

 

R

増加率

オッズ 

払戻金 

中山 

△14.4%

1.2

140

京都 

△15.4%

1.2

130

2008年1月5日第2レースの結果

 

 

第2レースはどちらも前年割れでした。京都は当たったものの、プラス10の恩恵がなく、儲かったわけではないので増えなかったのでしょうか。結果は、どちらも1着で、人気薄の入着もあり予想オッズの120円を上回る払戻金がありました。

 

3R

増加率 

オッズ 

払戻金 

中山 

59.2%

1.1

110

京都 

30.3%

1.2

120

2008年1月5日第3レースの結果

 

 

第3レースは、前レース的中のためか、大幅な増加になり、しかも中山が1着、京都が2着でいずれも的中です。

なお、中山では約40%の支持率で、直前のオッズは1.1を示していましたが、本来は100円元返しの対象でした。人気薄が入線したために、実際の払戻金は計算どおり110円でしたが、オッズ表示の点から考えると、「JRAプラス10」適用の第1号です。

 

R

増加率 

オッズ 

払戻金 

中山 

8.8%

1.3

 0

京都 

190.7%

1.1

110

2008年1月5日第4レースの結果

 

 

第4レースの中山は、複勝オッズ1.5倍だったものが直前になって、1.4倍、1.3倍と下がっていったものです。新馬戦であり不確かなレースだったと思うのですが、1番人気ということで売れ続けたのでしょう。結果は9着でした。

一方で、京都のほうは複勝1番人気の馬が約60%の支持率がありました。この数字は、かなり高い数字になります。この日の1Rを過去2位に入れても、第71位ということになります。中山5R59%、京都7R57%も、それぞれ過去には珍しい高い数字です。1日に4レースも複勝支持率が高いレースが現れたということからも、初日の複勝売り上げ状況は異常であったことがわかります。

なお、この「京都4Rの5番シルクビッグタイム(1着)」が「JRAプラス10」を適用して実際に10円の払戻金を上乗せした第1号ということになります。

 

R

増加率 

オッズ 

払戻金 

中山

76.3%

1.1

110

京都 

26.8%

1.1

120

2008年1月5日第5レースの結果

 

 

中山5Rの4番サトノプログレス(1着)」は約59%の支持があり、「JRAプラス10」適用の第2号となりました。初日は、「JRAプラス10」適用のレースが、お昼前後に2レース続けておきたわけです。なお、京都も1着でした。オッズの1.1は、もともと1.1倍のものです。

 

R

増加率 

オッズ

払戻金 

中山 

21.7%

1.6

 0

京都

8.3%

1.6

190

2008年1月5日第6レースの結果

 

 

第6レースはどちらも断然の1番人気はなく。中山は3頭、京都は2頭で人気をわけていました。1番人気の結果は中山6着、京都3着でした。

京都競馬は、これで6レース連続して複勝1番人気が3着以内に入り、複勝馬券がすべて的中しているわけです。

 

トラックバック一覧

<< 2018年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログテーマ