大きくする 標準 小さくする

JRAプラス10とは?

複勝が異常に売れた

投稿日時:2008/12/22(月) 17:16

中間オッズは、「JRAプラス10」を含んで表示されることになりましたので、早い時期から1.01.0あるいは1.01.1を表示していました。つまり、この馬の馬券は、100円元返しになる可能性が非常に高いことが予告されていたのです。

 

それでも複勝馬券は売れ続けました。

 

発表

時刻 

複勝

票数

9:01

39,653

9:06

48,906

9:11

58,462

9:16

67,136

9:21

78,435

9:26

88,096

9:31

102,933

9:36

129,234

9:41

161,505

9:46

198,782

9:51

276,858

9:55

344,125

10:00

553,251

10:07

789,231

2008年1月5日京都競馬1レース

 

 

馬券の1票は100円ですから、この日は朝早くから8,000万円近くの複勝馬券が売れたわけです。直前の16分間に5,000万円が売れています。オッズを見ない人もいるわけですから、当たれば必ず1割は戻ると思っていた人も多いことでしょう。

 

馬番 

単勝 

票数 

複勝 

票数 

複勝 

構成比

01

18,032

28,448

3.6%

02

275,019

609,528

77.2%

03

6,015

8,938

1.1%

04

3,713

5,209

0.7%

05

5,804

6,986

0.9%

06

1,169

1,336

0.2%

07

28,950

63,828

8.1%

08

2,449

4,217

0.5%

09

2,012

3,339

0.4%

10

3,590

6,620

0.8%

11

4,346

6,820

0.9%

12

5,194

8,978

1.1%

13

12,182

14,061

1.8%

14

3,446

5,692

0.7%

15

1,412

1,443

0.2%

16

8,673

13,788

1.7%

  

382,006

789,231

100.0%

▲京都1レースの馬番別複勝構成比

 

 

結局このレースは、上の表のように複勝は単勝の2倍以上売れました。また、複勝は、約77%が2番の馬番の馬券でした。

2番の複勝は単勝の2.2倍が売れていますが、これと同じように2番人気の7番の複勝も単勝の2.2倍売れているところが面白いです。2番ではなく、7番の複勝も異常に売れていたわけです。

トラックバック一覧

<< 2018年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログテーマ