大きくする 標準 小さくする

JRAプラス10とは?

単勝の支持率

投稿日時:2008/12/26(金) 00:00

JRAの事前の説明は、ディープインパクトの菊花賞の単勝100円元返しの例を持ち出して、そのような場合でも110円の払い戻しを行いますという説明でした。

確かに、1986年以降の単勝の売上げ票数を調べても、90%以上も売れた例は一つも見つかりません。

 

順位

支持率 

 

馬名 

1

81.24%

1994

マイダイアモンド 

2

80.51%

2005

タキオンバッハ 

3

80.44%

2007

ライフストリーム 

4

80.21%

1989

アキヒロホマレ  

5

80.19%

1991

グレードバイオ 

6

79.82%

2005

インディドライバー 

7

79.81%

2006

クランエンブレム 

8

79.04%

2005

(菊花賞) 

ディープインパクト

9

78.78%

2006

ダイワディライト  

10

78.54%

2005

(神戸新聞杯) 

ディープインパクト 

▲単勝支持率上位102007年まで)

 

最高でも81.24%ですから、90.91%にはまだ遠く及びません。しかし、この過去のデータを引用して、「これからは100円元返しがなくなる」と説明するのは不適切だと思います。

私は、意外と早い時期に「100円元返し」は起きるのではないかと思い、競馬のSNSの日記には書いておきました。

場内のオッズなどで1.0が表示されていれば、誰もその馬券を買おうとはしないわけです。ですから、そのような状態にあった過去のデータは参考にはなりません。

オッズが1.0と表示されていても、「100円元返しが解消」されると思っている人がいれば、安心して買い続けることになるでしょう。ですから、特定の競走馬の馬券に集中して100円元返しは起きるのではないかと思っていました。

まさか、初日の1レースからそうなるとは思いませんでしたが。

 

前の表の、ディープインパクト以外は第1レースが5頭、第2レースが3頭のものなのです。1位と2位はどちらも第1レースです。

 

これらは、朝早いレースのために、オッズをあまり見ないで購入が続けられていたのでしょう。

本来はもっと人気を集める馬が発走時刻の遅いレースにいたかもしれませんが、100円元返しに気がつく時間が十分にあったためにそれ以上は購入されなかったので、この表には載るまでには売られなかっただけではないでしょうか。

メインレースのディープインパクトについては、記念馬券としての保存目的で100円の払戻金でも購入が続けられたわけだと思います。

当時に「JRAプラス10」が適用になっていれば、当然もっと多くの人が購入を続けたわけで、90%を超えるようなことになったかもしれません。少なくとも80%は軽く超えて90%近くにはなっていたと思います。

「JRAプラス10」が適用になれば、この単勝支持率の上位ランキングにも大きな変化があることは間違いないでしょう。

トラックバック一覧

<< 2018年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログテーマ